パンの田島(10.02)


いつの間にか出来ていた近所のパン屋。
気になってたので初めて行ってみた。

コッペパン専門店。
DSC08749

ドトール系列なのか!?
DSC08745

古い学校の給食室みたいな内観。
DSC08747

ビーフカレーにしてみた。
半熟たまごビーフシチューとか、カニクリームとか
から揚げタルタルソースとか
惣菜系、甘い系、揚げ系と種類は半端なく豊富。
DSC08748

これまた学級新聞風。
DSC08746

小腹が空いたときのおやつに利用させてもらおう。


果実園・リーベル(10.02)


何ヶ月振りかのリーベル。

DSC08740

DSC08741

シーズンから外れてるので
いつものイチゴは無く・・・。
それでも旬の桃が絶品!
DSC08743

DSC08744

こりゃ、不定期ながらちょいちょい行っちゃうよね~。


六義園(09.29)


F3/Tの試し撮りに六義園へ。

DSC_4274
Xperia Z5

DSC08736
Xperia Z5

ここまではスマートフォン「Xperia Z5」で撮ったもの。

ここからがF3/Tで撮った写真。
露出は概ね正確に出てるみたい。
000027

000010

あぁ、この淡い感じ、フィルムっぽい!
000014

f1.2のボケ。
000016

000019

「業務用」の安いフィルムだからなのかなー
ちょっと思ってたのとは違う写り。
000022

000025

そうかぁ、もっとキリっと写るのかと思ってた。
000026

まだなんとも言えないっていうか・・・。
次は本気フィルム入れてみる。
どう変わるのかな。

フィルム代、現像代、データ化と
デジタルに比べてランニングコストがバカにならない。
それでも写真撮ってる感とか
シャッター音とか
撮っても直ぐに確認出来なくて
現像~データ化までのたっぷり1週間もの
待つ期間のワクワク感とか。
デジタルでは味わえない楽しみが満載。

出動回数はデジタルの方が多くなるだろうけど
これは奮発して買って良かった。
そもそもが一生モノの趣味であるカメラが
更に奥行きが出来た気がする。

DSC08738





Nikon F3/T ファーストショット


F3/Tでの栄えある1stショットの撮影対象は
洗って干したシューズ!
これ、デジ一でも撮ったやつ。

猛烈な逆光とか、一発目の条件としてどうなの?
とは思ったけど・・・。

更に、フィルム撮り切った後に巻き上げた時に
一旦手応えが軽くなったので巻き切れたんだと思って
カメラの裏蓋開けたらまだ巻き切れてないでやんの!
慌てて蓋を閉めたけど当然感光してしまい・・・。

その結果がコレ・・・。
000002

見事に1stショットもダメージを受けてしまった。
この後の7ショットくらいが完全にダメになっていた。

うん、やっぱり使い慣れない初フィルムカメラだからと
古いカメラでもあるし動作確認も兼ねて
完全にテストと割り切って安いフィルムを装填し
本気撮影にも繰り出さなくて良かった・・・。

まさに、いいテストになった。

ポパイカメラさんに現像出し(09.29)


Nikon F3/Tでの初撮りフィルムを現像に出す。
とりあえずプリントはしないので
データで貰うべくポパイカメラ謹製のUSBを購入。
これ持参で注文すれば当然これにデータを入れてくれるので
CD代などは掛からない。

DSC_5458

4GB・980円+税。
DSC_5460

フィルムのデータ化は手間が掛かるので
1週間前後の日数を要する。

その待ち遠しさもフィルムの楽しみと割り切って!



ロードバイク・ノートカード(09.22)


PATRICK ラボ銀座さんついでに
銀座をぶらぶら。
飛行機箸置きをチェックに夏野さん。
ANAジャンボは依然入荷はされてなかった・・・。

あてもなくフラッと伊東屋へ。
いいの発見!!
DSC_5208

自転車のノートカードセットってやつ。
メッセージカードと封筒、ですかね?
(実はよく分からないで買ってる)
こいういうのって、レトロっぽいのとか
街乗り系の自転車が描かれてるのが多いんだけど
珍しくガッツリとレーシーなロードバイク!
DSC_5209

完全に輸入物ですね。
なのでそれなりにお高い・・・。
でも、自転車グッズコレクターとしては
スルー出来ない何かを感じたので。
DSC_5212





自転車グッズのプレゼント


この9月、ひっそりと誕生日を迎えてたんだけど
郵送でまさかのプレゼントが届いた。

全て自転車柄!
DSC_5204

がま口。
DSC_5205

ハンカチ。
DSC_5206

マグカップ。
DSC_5207

なにこの女子センスなセレクト!
でも、送り主は男子同級生
すなわち自分と同じおっさんですよ!

こんな歳になっても誕生日を気に掛けてくれるというね。
気恥ずかしくも嬉しい贈り物でした。


PATRICK・購入


PATRICKラボ銀座さんへ。

PATRICKの白の代わりなので
再び白系を物色。
ネットで目星は付けて行ったのでほぼ即決。

DSC_5220

PATRICKは大体42インチ履いてるんだけど
このモデルは41インチがジャスト。
DSC_5221

ラインもワンポイントもなく、完全なモノトーン。
ただ、純粋なホワイトではなくて
若干ベージュっぽさを含んでるかな。
オフホワイトっていうの?
DSC_5222

タグは無くてエンボスのロゴ入り。
DSC_5223

ソールは今までのと一緒。
DSC_5224

ただ、お店には展示品しかなくて
しかもつま先の部分に片方だけ皺が寄ってたので
「これ普通ですか?」って確認したら
「一応PATRICKとして許容範囲と判断されたもの」
とのこと。
個人的には結構気になるレベルだったので
他店舗に在庫が在れば・・・ということで確認取ってもらった。
吉祥寺店に在庫が在ったので
写真を撮って送ってもらい、見せてもらった。
画質・ピント的に明確な判断がし難かったけど
銀座店さんのよりは左右違いが小さくていいかも。
ということで吉祥寺店さんから自宅へ直送してもらうことに。
おかげで手ぶらで帰路へ。

2日後に届いたNEWシューズ
懸案のつま先部分は左右共に皺無くスッキリ!
DSC_5225

さ、次は使い古しの方のソール交換ですかねぇ。


PATRICK・特別モデル?


長らく履いているPATRICKの白。
ソールが減って来て
経年劣化でゴムも硬化してるので
酷く滑って危ない場面も出てきた。
なので新調するか!とPATRICKの直営店へ。
DSC_5227

店員さんが、自分が履いていったこのPATRICKのタグに食い付いた。
「見たことないやつですね~」って。
他の靴を試着してる間にまじまじと見る店員さん。
DSC_5226

どうやら、PATRICKの100周年記念かなんかの
限定ものだったみたい!
へぇ、いつどこで買ったか全く覚えてないけれど
たまたまそんなの買って履いてたんだぁ。

傷んだソールの話しとかしたら
リペア出来ますよ!と教えてくれた。
8000円だったか、そこそこなコスト掛かるけど
記念モデルと聞いちゃったし
アッパーは大きなダメージは無いし
リペアしてもらってもっと履いちゃう?
DSC_5228


PATRICK・干す


蒸れ足なのでたっぷり汗吸ってるし
豪雨でびしょ濡れたら
どうにも臭くなって
消臭スプレーも全く効かなくなったので
PATRICKの2足を立て続けに洗った。

DSC_5202

干すのにもいい季節!

コンタクトレンズ変遷


ワンデーのコンタクトレンズ使用者なんだけど
長らく同じのを頑なに変えずに使って来てた。

「1-DAY ACUVUE MOIST」
かなり薄くて装着感良かった。
その薄さ故破れやすかったりもするけれど。
DSC_5234

追加購入の度に他のタイプを薦められてた。
保守的な人間なので
現状満足してるのから冒険して
わざわざ変えたいとは思わないんだけど
ホント毎回毎回薦められる。

こんなのとか
DSC_5241

こんなのとか
DSC_5235

こーんなのとか。
DSC_5236

でも、どれもシリコン度が強いっていうか
分厚くて乾きやすくて全く合わなかった。
目に填めたた瞬間に
「あ、これもダメなやつ・・・」って分かるくらいに違った。

しかし、今回の購入時に出されたのを
「またダメなんでしょ」と面倒くささも隠さず装着してみたら
「お!?」
「なんかいつもと違うぞ?」
「自然な装着感じゃね?」
と、凄く好感度高い。
それがコレ。
DSC_5237

しかも、若干安いし、今までのが1箱30枚だったところ
今回試供されたのは1箱32枚のやつなので更にお得!
初めて心が動いた。

自分には珍しく、ちょっと冒険してみっか!と
お試しで2箱だけ購入してみた。

今までのがまだ1箱残ってるし。
DSC_5239

何日か装着してみて
もし、やっぱり合わないかも・・・
なんてことも有り得るので。
DSC_5238

しかーし、2週間使ってみて
全く問題無し!
いつものコンタクト屋に注文出来るんだけど
ビックカメラのサイト覗いたら少し安いんで
初めて他店に浮気しちゃった。


一気に10箱購入。
DSC_5240


レンズを出す時
容器からフィルムを剥がし難いことを除けば
レンズ自体の使用感は凄く良くて
今のところ大満足。
多分元に戻すことはないと思う。

大英自然史博物館展収穫物(05.26)


「大英自然史博物館展」土産は
定番のマスキングテープ。
もうどこもかしこもコレ造りますね。
お陰で増殖が止まらない。

DSC_3287

DSC_3289

DSC_3288

DSC_3290




大英自然史博物館展・その他(05.26)


大英自然史博物館展観る前に
国立科学博物館のレストラン「ムーセイオン」で食事。

活火山のチキンカツ。
DSC08262

なんか、特別メニュー・・・だったと思う。
DSC08263

博物館を出て目の前
上野恩賜公園では盆栽の展示。
DSC08311

DSC08312

DSC08314

DSC08317



大英自然史博物館展・その2(05.26)


大英自然史博物館展

DSC08294

DSC08297

DSC08298

DSC08302

DSC08296

DSC08303

DSC08304

DSC08308

DSC08310

DSC08307




大英自然史博物館展・その1(05.26)


大英自然史博物館展
上野・国立科学博物館

DSC08260

DSC08261

DSC08264

DSC08265

DSC08266

DSC08272

DSC08273

DSC08274

DSC08275

DSC08284

DSC08289

DSC08293

DSC08292




RusaRuka(09.17)


久々のRusaRukaさん。
メニューも多くて迷う。

DSC_5174

DSC_5175

おかわり可能だけど
普通に満腹になるので余り必要性を感じないサービスw


ギガ恐竜展・その5(07.25)


ギガ恐竜展2017
ティラノサウルス類シリーズ


DSC_3391

DSC_3375

DSC_3362

DSC_3363

DSC_3374

DSC_3376

DSC_3377

DSC_3378

DSC_3380

DSC_3385

DSC_3386

DSC_3381






ギガ恐竜展・その4(07.25)


ギガ恐竜展2017
トリケラトプス類特集

DSC_3328

DSC_3331

DSC_3330

DSC_3357

DSC_3356

DSC_3365

DSC_3394

DSC_3390

DSC_3392

DSC_3393



ギガ恐竜展・その3(07.25)


ギガ恐竜展2017

DSC_3345

DSC_3350

DSC_3358

DSC_3354

DSC_3355

DSC_3367

DSC_3368

DSC_3396

DSC_3397



ギガ恐竜展・その2(07.25)


ギガ恐竜展2017

DSC_3332

DSC_3335

DSC_3337

DSC_3340

DSC_3341

DSC_3342

DSC_3334

DSC_3344

DSC_3398

DSC_3347

DSC_3360

DSC_3353




新ブログリスト
livedoor プロフィール
来場者数
最新コメント
Tweet
ブログリスト
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ